恵比寿講

11月20日は恵比寿講帰恵比寿講)だ
恵比寿様が出稼ぎから帰って来る日と言われている
帰恵比寿講は宵恵比寿講と言われ、
夕方に恵比寿大黒様に供物を供えお迎えする
供物の内容は地域によって違うが、
いつもお世話になる、
写真の岡本公園民家園さんでは、
神棚に赤飯、尾頭付きの焼き魚、
ソバ、財布を入れた一升枡を供えていた
これが農村での一般的なお供えものだと思う
更に普段は閉じている神棚の扉が開いていて、
金色に輝く、恵比寿大黒様の姿を見ることが出来た
記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック