アカバナソバ

ヒマラヤ地方が原産の、
桃色の花を咲かせるソバがある
日本ではアカバナソバと呼んでいるようだ
それを更に改良して、
赤色が強く出るようにしたのが、
タカネルビーという品種だ
現在、このタカネルビーの、
広大なソバ畑を売りにした、
観光地が増えているらしい・・・・・・
「ソバの外来種か・・・」と、
思われるかも知れないが、
じつは白い花のソバも、
元をたどれば、
中央アジア~中国東北部原産の、
外来種」ということになる・・・・・・
写真は畑の片隅に、
観賞用に植えられていたもので、
赤花のソバには違いないが、
タカネルビーかどうかは分からない・・・・・・
記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック