水面の紅葉

モミジやカエデが散り、
里山はいよいよ、
本格的な冬を迎えようとしている
霜柱の立った谷戸を散策していると、
吐く息も白く、
日に日に寒さを増していることを、
身にしみて感じる・・・・・・
サクサクと、
霜柱を踏みしめながら歩いて行くと、
まだ、里山にも、
紅葉の美しい場所が、
残っていたことを知った・・・・・・
何と小川の流れが、
赤や黄色に美しく紅葉していたのだ
水面の紅葉の見ごろは短く、
綺麗な状態を楽しめるのは、
あと、数日だろうか・・・・・・
里山を美しく彩ったモミジやカエデは、
散ったあとも美しかった・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック