紅葉の始まりは紫色

画像

里山では日当たりのよい場所にあるカエデの仲間が色付き始めた
赤く紅葉するカエデの仲間は紅葉が始まったころには、
紫色がかった葉の色をしていてあまり綺麗ではない
これはクロロフィル(葉緑素)という緑色の色素が、
まだ抜け切っていない状態のためだ
ほとんどの場合、クロロフィルが分解されて抜け切る前に、
アントシアニンという赤色の色素が出来始めるので、
紅葉の始まりのころには葉が紫色に見える時期があるという訳だ
この時期の葉を見て、「今年の紅葉はあまり綺麗じゃないね」とか、
「もう色あせて来てるよ、もう少し早く来ればよかった」
なんて会話をしている人に毎年必ず出会う・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック