林縁を好むシロヨメナとシラヤマギク

シロヨメナ.png
マイフィールドの里山では、
林縁の斜面を白く染め上げている野菊があったら、
それはシロヨメナで間違いない
シロヨメナは半日陰の場所を好む。
里山では林縁の斜面で他の草と競うように育ち、
花の時期になると林縁の斜面をまるで、
消え残っている、名残雪のように白く染めている。

シラヤマギク.png
ちなみにマイフィールドでは、
林縁の半日陰の環境を好む野菊は、
シロヨメナの他にはシラヤマギクが見られるが、
こちらは大きなものでは人の胸から顔ほどの高さにもなる
シロヨメナはせいぜい膝ほどの高さにしかならない。
また、舌状花がまばらにしか付かない、
シロヨメナのように群生しないなどかなり特徴的なので、
シロヨメナと迷うことはないだろう・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

(各種ノギクの見分け方は記事上のタグ、「ノギクの見分け方」より記事一覧に入れます。タイトルに「〇〇〇の識別」とあるのが、いわゆる見分け方の記事になります

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック