テウチグルミの冬芽葉痕

テウチグルミの冬芽葉痕.png
画像はテウチグルミの冬芽葉痕
自然観察を趣味にする者にとって、
冬芽葉痕観察は冬の楽しみの一つだ。
クルミの仲間は種類を問わず、
葉痕がとても大きく観察しやすい
しかも、どの種類も、
葉痕の表情がかわいいのだから言うことがない
テウチグルミは食用のクルミなので、
野生種よりも実が大きく殻を割りやすい特徴がある。
両手に持ったクルミ同士を、
手で打ち付けるだけで簡単に割ることが出来ることから、
テウチグルミの名前が付いたと言われている。
里山で観察出来る樹木は、野生の樹木だけではなく、
人の生活に役立つ樹木も植えられているので、
山野では見ることの出来ない樹木に出会うこともある・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック