クサギの冬芽葉痕

クサギの冬芽葉痕.png
クサギというと、星形に開いた赤い萼の中央に、
藍色の丸い果実が付いている光景を想像することが多いと思う。
人から見ると、
果実そのものは食欲をそそらない色で、
あまり美味そうには見えない。
現実に果実は潰すと悪臭がして、ちょっといただけないのだが、
なぜか野鳥には人気のようで、
すぐに藍色の果実はなくなって、
赤い星形の萼だけが残っていることが多い。
このため里山ではクサギの幼木があちこちに生えていて、
冬芽葉痕観察には事欠かない・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック