テイカカズラの花

テイカカズラ.png
テイカカズラは蔓なので、草本と思っているかたが多い
ところがテイカカズラは草本ではなく、
図鑑的な言い方をするなら、
「常緑蔓性木本」ということになる
花期は5~6月とされているが、
その後も花数は少ないがダラダラと咲き続け、
秋にもう一度、花数が増える時期がある。
花弁は蕾の時はねじれて螺旋状になっていて、
それがじょじょに緩んで行き開花する。
蕾は「閉じた傘のような状態になっている」
と言えば分かりやすいだろうか。
花には芳香があるので好まれ、
古くから垣根やフェンスに絡めて栽培される。
花は咲き始めは白く、時間が経つと淡黄色になる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック