ハナカタバミの花

ハナカタバミ.png
画像はハナカタバミの花
このような紅紫色の花を付けるカタバミの花は、
道端や空き地などの身近な場所で、
ムラサキカタバミ、ベニカタバミ、
イモカタバミ、ハナカタバミの4種類が見つかる。
どれも非常によく似ていて紛らわしいのだが、
このハナカタバミだけは他の3種に比べて、
花も葉も一回り以上大きい。
また、他の3種の花は、
春から初夏にかけて、花数が最も多いのに対し、
ハナカタバミだけは秋が深まって来た頃に花が目立つ。
一応、図鑑を開くと、
他の3種も秋までが花期になっているのだが、
個人的には夏以降に花を見たことはほとんどない・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック