オオカマキリの卵嚢とユキヤナギの冬芽

オオカマキリの卵嚢.png
初冬に様々な昆虫の越冬を観察したユキヤナギの藪を、
久しぶりに見に行ってみた。

まず、驚いたのは、
ユキヤナギがもう芽吹き間近だったことだ
冬芽はすでに黄緑色に色付いていて、
この分だと暖かい日が続けば、
一気に芽吹きが始まるだろう。

そしてユキヤナギの藪の中で最も目立っていたのは、
オオカマキリの卵嚢だった
なんと10個以上見つかった。
じつはこの場所は、
毎年オオカマキリの産卵ポイントになっているのだ。

普通、カマキリの仲間の卵嚢は、
冬のうちに野鳥に食べられてしまい、
春まで無事に残るものはごくわずかだ。

しかし、この場所では、
野鳥は無数の枝がじゃまをして、
卵嚢がある場所まで入り込めないらしく、
オオカマキリの卵嚢は、
毎年、ほぼ無傷のまま春を迎える。

オオカマキリのお母さんは、
そういうことをちゃんと分かっているらしく、
枝と枝が重なり合うような場所を選んで、
その真ん中に卵嚢を産み付けている・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック