咲き始めのカントウタンポポ

カントウタンポポ.png
里山では3月に入って、
カントウタンポポがちらほらと咲き始めた。
どんな種類のタンポポもそうだが、
春に咲き始めのころは花が小さい。
そしてこのように花を上から見ると、
ちょっとスカスカの印象を受けると思う

4月頃になると花は一回り大きくなり、
舌状花の数も増えて、
花はこんもりとボリュームが出て来る。
そして頭花も次々と立ち上がり、
いよいよ花の本格的なシーズンを迎えることになる。

ただ花を撮影するだけなら、
ソメイヨシノが散ってからがおすすめだが、
咲き始めの頃から観察を続けていると、
こんな風に色々と興味深いことが分かって来る・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック