オオカマキリの卵嚢

オオカマキリの卵嚢.JPG
画像はオオカマキリの卵嚢
このユキヤナギの枝の中では、
毎冬10個以上のオオカマキリの卵嚢が見つかる。

ユキヤナギは枝が混み合っているので、
野鳥から卵嚢が守られて、
春まで生き延びる可能性が高い。

どうやらこのことをオオカマキリのお母さんは、
本能的に知っているようなのだ。

そしてオオカマキリの卵嚢を観察しに行って驚いたのは、
この寒さにも関わらず、
ユキヤナギはもう花芽がかなり膨らんで来ていて、
気の早いやつがちらほら咲いていたことだ。

今冬は寒くて日中散歩で歩いている人もまばらだが、
ユキヤナギは春が近いことを、
確実に感じ取っているようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック