「湿地の緑」と「マルバスミレ」

湿地.JPG
画像は葦が伸びて来た湿地の様子
湿地が緑色に染まって行くにつれて、
季節は春から初夏へ移行して行く。

マルバスミレ.JPG
画像はマルバスミレ
マルバスミレは都市の環境には適応出来ず、
里山のスミレの印象が強い。

林縁の土手や土が崩れて出来た斜面などでよく見つかる。
乾燥気味で土がボロボロと崩れて行くような場所で、
半分抜けかかったような状態でも普通に生育している。

白く清楚な花を咲かせるが、
意外とたくましいスミレである・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック