ウスバキトンボ

ウスバキトンボ.JPG
画像は草地で休んでいたウスバキトンボ

ウスバキトンボは初夏の頃に南国から渡って来る。

その後、日本列島を少しずつ北上していくが、
日本の冬は越せずに死んでしまう運命にある。

地域によってはお盆の頃に数を増し、
群れで飛び回るため、
「盆トンボ」などと呼ばれることもある・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック