ヌスビトハギ

ヌスビトハギ.JPG
画像はヌスビトハギの花

先週UPしたアレチヌスビトハギは、
もともとは北アメリカ原産の外来種だが、
ヌスビトハギは昔から日本各地で見られる植物だ。

里山では林縁や雑木林の半日陰の場所に多く見られ、
日当りのよい開けた場所で見かけることはまずない。

3~4ミリ程度の小さな花で、
肉眼では花の細部まで確認することは困難だが、
マクロで撮影してみると、
マメ科特有の花の形をしていることがよく分かる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック