ヒイラギの花

ヒイラギ.JPG
里山ではヒイラギの花が見ごろを迎えている

ヒイラギは11月から12月に、
林縁などで白色の花をひっそりと咲かせる。

花にはほんのりとした甘い香りがあり、
風に乗って漂って来るこの香りで、
ヒイラギの開花を知ることもある。

ヒイラギには雄株と両性花がつく株がある。

若い木の葉には「鋭鋸歯」と呼ばれる、
トゲトゲの歯牙が2~5対ある。

この刺に邪気を払う力があるとされ、
昔から魔除けとして利用されて来た歴史がある。

クリスマスリースに使われているのは、
「ホーリー」とか「クリスマスホーリー」と呼ばれる西洋ヒイラギで、
山野に自生するヒイラギとは別種である・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント